ジェルネイルをはみ出したまま固めてしまった!硬化後に気づいた時の修正法は?

セルフジェルネイルをしているとジェルが皮膚についたまま硬化してしまった・・という経験がある方は多いのでは?今回は万が一、皮膚についたままジェルを固めてしまった時の最低限やっておくべき対処法をご紹介します。

皮膚へのはみ出しは硬化前に拭き取るのが基本!

ジェルネイルを長持ちさせるためや仕上がりをキレイにするには、大前提としてジェルの皮膚へのはみ出しはライトで硬化する前にウッドスティックなどで拭き取るのが基本です。

皮膚に付着したままジェルを硬化してしまうと、はみ出したところからジェルが浮きやすくなり、持ちが悪くなってしまいます。

硬化後にはみ出しに気づいたら・・細かいネイルファイルで丁寧に削り取る

万が一、硬化後に皮膚へのはみ出しに気づいてしまったら、付着しているジェルを皮膚から少し浮かし、ネイルファイルではみ出た部分を優しく削り取りましょう。

目の粗いファイルを使うと削りすぎてしまうことがあるので、使用するのは目の細かいネイルファイルを使ってください。

また、削るときに往復がけをすると力が入りやすくなってしまいます。なるべく一定方向に削るようにしましょう。

皮膚についたジェルをエメリーボードで削る

ただし、この修正法はあくまで応急処置なので持ちは多少悪くなる可能性があります。なるべく皮膚に付けないように気をつけながらセルフジェルネイルを楽しんでください。

爪からはみ出さないようにジェルを塗るコツは、こちらの記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

Instagram

YouTube

FollowUs