ジェルネイルで必要な爪の甘皮処理って?セルフケアはどこまで?

セルフジェルネイルのやり方の説明で必ず出てくる「甘皮処理」の言葉。なんとなく爪の根元側をケアするというのは分かるけど、正確にどこをどうすればいいのか分からない・・という方は多いのでは?今回はそんな疑問を解決すべく、セルフで行う際の甘皮処理のやり方をご紹介します。

そもそも爪の「甘皮」ってどの部分?


甘皮は、別名「キューティクル」と呼ばれます。爪の生え際にある皮膚と爪の境目の皮のことを指し、甘皮の下にある薄い膜(角質)を「ルースキューティクル(ルーススキン)」と呼びます。


甘皮と薄皮の違い

甘皮処理というのは、この甘皮の下にある薄皮「ルースキューティクル」を除去することが大きな目的です。甘皮処理という呼び名なので、甘皮自体を除去しないといけないと思っている方もいますが、実際はルースキューティクルをしっかりと除去してもらえればOKです。


甘皮処理を行うのは、処理をしないと仕上がりや持ちが悪くなるから


甘皮処理は、ジェルやポリッシュを爪にキレイに塗るためにとても大切な工程です。


ルースキューティクルが残ったままその上にジェルを塗布すると、根元のラインがガタガタしてキレイな形が作れないほか、その部分からジェルネイルが浮きやすくなり持ちが悪くなります。


また甘皮部分を押し上げることで、爪の面積が広がりネイル自体がキレイに見えるという効果もあります。


甘皮処理の正しいやり方


セルフで行う際の甘皮処理の正しいやり方をご紹介します。


甘皮処理の使用アイテム



甘皮の押し上げに使用する道具はいくつかありますが、セルフで行うには「ウッドスティック」が一番安心して使っていただけます。


金属製の「メタルプッシャー」は、爪の表面を傷つけてしまう可能性があるので使用には注意してください。


STEP1)ウッドスティックにコットンを巻きつける


まずはウッドスティックでコットンの綿を少量取り、手のひらでウッドスティックをくるくると回しながら先端にコットンを巻きつけます。


ウッドスティックにコットンを巻きつける

STEP2)甘皮の押し上げ


ウッドスティックにクリーナーを少量含ませ、爪の真ん中辺りから根元に向かって甘皮部分を軽く押し上げます。強い力で押し上げると根元を傷つけたり炎症を起こす原因になるので、クイクイと軽く押し上げる程度でOKです。


甘皮を押し上げる様子

STEP3)ルースキューティクルの除去


甘皮を押し上げると、下から薄い膜「ルースキューティクル」が出てくることがあります。その場合はウッドスティックをくるくると回し、ルースキューティクルをコットンに巻き込んで除去します。


ルースキューティクルの除去

皮膚が乾燥していると、甘皮部分が固くなり押し上げにくいことがあります。その際は、甘皮を柔らかくする「キューティクルリムーバー」を付ける、もしくはお湯などで皮膚をふやかすと押し上げやすくなります。


STEP4)爪の両サイド、裏側の汚れの除去


根元をキレイにしたら爪の両サイドの汚れも除去します。サイドにもルースキューティクルが付着していることがあるので、しっかりと確認しましょう。


両サイドの汚れを除去

また爪を整える工程「ファイリング」の際に、爪の裏側に削りカス(=バリ)が残っていることがあります。爪の裏側も拭き取り、バリをしっかりと取り除きましょう。


爪の削りカス(バリ)

爪の裏側も拭き取る

STEP5)汚れの拭き取り


最後はクリーナーを含んだキッチンペーパーで、爪全体を拭き取って細かい汚れを取り除きます。


汚れの拭き取り

ここで気をつけるのが、拭き取りには「キッチンペーパー」を使用すること。


コットンで拭き取ると、コットンの綿が爪周りに残ることがあり、ジェルを塗る時の妨げになってしまいます。最後は繊維が残らないもので拭き取るようにしましょう。


甘皮自体はカットしなくてもOK!どうしても気になるならケアはプロにお任せ


甘皮は切らなくても良いですか?と質問をいただくことも多いですが、結論は切らなくても問題ありません。キレイにカットするには技術が必要になり、見様見真似でセルフで行うと危険です。


どうしても気になるという方は、ネイルサロンでケアのみを行ってもらうなどプロにお任せするようにしましょう。


UBPの公式InstagramやYouTubeでは、セルフジェルネイルの基本のやり方やアートのやり方など様々なコンテンツを更新しています。ぜひチェックしてみてください。


Instagram

YouTube

FollowUs