モチが良くなる!ジェルを塗る前の下準備「プレパレーション」の正しいやり方と手順

ジェルネイルをするにおいて、とても大切なジェルを塗る前の下準備「プレパレーション」。この工程を省いたり雑にしてしまうと、ジェルネイルの仕上がりやモチが非常に悪くなります。今回はジェルを塗る前の下準備について、用意する道具や手順、やり方のポイントなどをご紹介します。

プレパレーションで準備するもの



STEP1)手の洗浄・消毒


初めに手をハンドソープでしっかりと洗います。


手洗い画像

その後、クリーナーを含ませたコットンで手全体と爪の表面などをしっかりと消毒します。


クリーナーで手指消毒

STEP2)ファイリング(自爪の形を整える)


エメリーボードを使い、爪の形を整えます。エメリーボードは軽く端を摘むように持ち、爪を短くする場合は、爪に対して垂直にエメリーボードの面を当てて一方向に徐々に削ります。


ファイリングの画像

爪の形を整える際は、皮膚と爪の間にエメリーボードを挟み込んで形を整えます。


爪の整え方

ファイリングをするとき、往復がけで削ると二枚爪の原因となります。必ず一定方向に削るようにしましょう。


STEP3)甘皮処理


自爪の形を整えたら、甘皮処理を行います。先端にコットンを巻いたウッドスティックを使って、甘皮の押し上げとルースキューティクルの除去を行います。


甘皮処理についての詳しいやり方は、別の記事でご紹介しているのでこちらをご覧ください。


甘皮処理の様子

甘皮の押し上げができたら、ウッドスティックで爪の両サイドと裏側の汚れもキレイに拭き取ります。爪の裏には、ファイリングの際に出た削りカス(バリ)が残っていることがあるので、ここもキレイに取り除きます。


STEP4)汚れの拭き取り


クリーナーを含んだキッチンペーパーで、爪の油分や水分、ダスト、汚れを拭き取ります。油分や水分が付着したままの施術は、浮きの原因になります。拭き取り後に爪を触って指の皮脂をつけないように気をつけましょう。


汚れの拭き取り

※最後の拭き取りでコットンを使用すると、爪にコットンの繊維が残る可能性があります。キッチンペーパーで拭き取るようにしましょう。


プレパレーションはゆっくり丁寧に。仕上がりのキレイな長持ちするセルフジェルネイルを楽しもう


いかがでしたか?プレパレーションをしっかりと丁寧に行うことで、ジェルネイルの仕上がりや持ちも良くなります。


Unknown Beauty PlaceのInstagramやYouTubeでは、プレパレーションのやり方について動画で分かりやすく解説しているので、ぜひそちらの方もチェックしてみてください。


Instagram

YouTube

FollowUs