〇〇するのがコツ!利き手にネイルをキレイに塗る3つのポイントは?

セルフジェルネイルをしていると、利き手で塗ったネイルは上手にできたのに反対の手で塗るとどうしてもはみ出してしまう・・という経験がある方は多いのでは?今回はそんなお悩みを解決するため、利き手側のネイルをキレイに仕上げるための3つのポイントをご紹介します。

1)手を固定させる


利き手じゃない方でネイルを塗るとき、手が不安定になっていませんか?


手を浮かせた状態で塗っているとガタガタしてしまうので、しっかりと固定させた状態で塗るのがポイントです。


安定した状態で塗るには、「筒状のものなどを利き手で持った状態で塗る」や「机の上に手を置いて、筆を持っている手の小指をしっかりと机に固定させて塗る」のがオススメです。


セルフジェルネイル 利き手に塗るコツ

セルフジェルネイルをするときはゆっくりと丁寧に塗ることを心がけましょう。


2)筆ではなく、塗られる方の指を動かす


安定させた状態でも塗りにくい・・という方は、筆ではなく塗られている方の指を動かして塗ってみてください。


セルフジェルネイル 利き手と逆の塗り方

爪のサイドを塗るときには、塗られている方の手の角度を変えてみると塗りやすくなりますよ。


3)扱いやすいカラーやデザインを選ぶ


塗る色が塗りやすい色かどうかも、キレイに仕上げるには大きなポイントとなります。


ワンカラーの場合、白っぽい色や淡いカラーなどは色ムラになりやすいため、ムラになりにくい赤やネイビー、ラメなどがオススメです。


色ムラになりにくいカラー

デザインも重要で、フレンチやラインアートなど、左右対称となるデザインは利き手にやるのは難易度が高め。ニュアンス系のデザインやラメネイルなどの簡単なアートを選ぶのも利き手をキレイに仕上げるコツとなります。


いかがでしたか?利き手じゃない方のネイルを塗ることに苦戦していた方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。


Unknown Beauty Placeの公式YouTubeやInstagramでは、ネイルデザインのやり方などを日々ご紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。


Instagram


YouTube


FollowUs